UPcoinの口座開設と登録方法は?以外と簡単!5分で終わるぞ!!

f:id:december1etk:20180108053304p:plain
朝起きたら『upcoin』(アップコイン)という仮想通貨の新取引所が出来たという。
事前登録で先着10万名に500ドル(約56500円)が貰えるみたいなので、早速登録して見ることに。
ちなみに、この500ドルは取引手数料としてしか使えないみたいですが、登録しておいて損はないと思います。

 

スポンサードリンク

 

upcoin(アップコイン)の口座開設と登録方法は?

f:id:december1etk:20180108053309p:plain
英語ばかりでめんどくさいですが、翻訳機能を使えば問題なく使えそうです。
『Enter your email here』ところに、登録したいメールアドレスを記入。
*『UPcoin』(アップコイン)の登録には”メールアドレスのみ”でOK!個人情報は登録しなくても500ドル(約56500円)が貰えます。
メールアドレスを記入したら、青色の『JOIN』をクリック。
そうすると、メールアドレスにこのような文章が届くと思います▼
f:id:december1etk:20180108061844p:plain
upcoin(アップコイン)のリンク先をクリックしていただくと、このような画面に▼
f:id:december1etk:20180108054337p:plain
青のボタンを押していただくと下に移動します。
アカウントを有効にするには『アンケート』に答えなければいけない。と出てきます。▼
f:id:december1etk:20180108054519p:plain
そのまま下にスクロールしていただけると、青のボタンで『Start survey』と出てくるのでクリック。
f:id:december1etk:20180108054812p:plain
アンケートに全て答え終わると『Almost there! Please take a few final steps as explained below:』と出てきます。▼
f:id:december1etk:20180108055204p:plain
矢印の下方向にスクロールしていただくと、青のボタンが出てくるので押していだけると終了です。
このようなに500ドルと表示されれば、終了です▼
f:id:december1etk:20180108055708p:plain
すでに、海外では『UPcoin』(アップコイン)についての動画がありました▼

『UPcoin』(アップコイン)取引所の【英語→日本語】変換方法を解説。

5分ほどで、英語表記で分かりづらかったですが、日本語表記にすることが出来ます。
『UPcoin』(アップコイン)取引所の【英語→日本語】変換方法▼
『UPcoin』取引所は日本語対応はしていない?日本語にする方法を解説!

UPcoin(アップコイン)の最新情報!『海外の情報まとめ。』

f:id:december1etk:20180110112035p:plain
(図1. UPcoinナイトモード、ダークバージョン)

*2018/01/10新しい情報を更新。
UPcoin(アップコイン)が1月8日にTwitterトレンド入りするなど注目が集まっている取引所の1つだ。
だが、UPcoin(アップコイン)には詳細不明なところが多く不信感と期待感がTwitter上でも多く見られる。
 
そのUPcoin(アップコイン)の情報海外から仕入れることに。
UPcoin(アップコイン)の本社は『アメリカ』だということが海外の仮想通貨掲示板から予測が出来る。
 
もっと、UPcoin(アップコイン)の正確な情報を知りたいので調査してみることに。

UPcoin(アップコイン)のドメイン名『upcoin.com』を調査。

他にも、UPcoin(アップコイン)のドメイン名『upcoin.com』で会社の存在を調査している海外のブログもあり。
UPcoin(アップコイン)のドメイン名を調べた、海外のブログの調査内容はというと。
 

The domain name was registered on November 21, 2016, but because the registration was done privately, there’s no way to see where this took place or who owns the domain.
引用 UpCoin Review – Is This A Good Opportunity Or Big Scam? | SEO Spark

日本語に訳すと、
 
・UPcoin(アップコイン)のドメイン名『upcoin.com』は、2016年11月21日に登録。
ドメイン名『upcoin.com』の登録は個人名のため、誰が所有しているのかがプライバシーによって隠されていた。
 

結論、この海外のブログから分かること。

 
UPcoin(アップコイン)は詐欺では、ないかもしれない。
ドメインが2016年11月21日に登録されているということは、1年間の準備期間があった。
 
1年間の準備期間があったということは『詐欺の確率は下がる』のではないでしょうか?
仮に、僕が詐欺を働こうとするんだったら『1年前にサイト制作をせず、数ヶ月で作成する』と思う。
 
そう考えると、UPcoin(アップコイン)は1年後に『仮想通貨が急激に値段が付く』ということを予測できないと思う。
海外のブログでのUPcoinの反応はこちら▼
www.music777.xyz

UPcoin(アップコイン)の口座開設方法は?

UPcoin(アップコイン)は今現在は、ベータ版なため口座開設が出来ません。
今後、口座開設が可能になりましたら更新します。
 
*ちなみに、『UPcoin』(アップコイン)は2018/4にオープン予定。

『UPcoin』(アップコイン)がいきなりTwitterトレンド入り。

朝起きたら、仮想通貨の新取引所『upcoin』(アップコイン)がトレンド入りをしていた。
かなり驚いて、何か??と思いきや『事前登録で先着10万名に500ドル(約56500円)が貰える』とのことだったので、飛び起きて早速登録。
 
だが、今度の『UPcoin』(アップコイン)の新取引所のメリットが気になるところ。
海外の仮想通貨の掲示板では、『1000以上のコインを持っている(仮想通貨が取引できる)と主張するウェブサイトは、私には不気味』というコメントも。
 
きっと、この『1000以上の仮想通貨が取引できることに不気味』に感じている理由は海外の仮想通貨ブームによるものだと考えられる。
日本でも、CMなどに取り上げられるほどのブームになりそうだが海外では、一足先にメディアなどに取り上げられ仮想通貨に注目が集まっている。
 
だが、仮想通貨バブルの波に乗ろうとする人たちの投資を回収する目的で新取引所『UPcoin』(アップコイン)が出来たのでは?と考えれる。
2018年は、価値のない仮想通貨にも仮想通貨ブームによって価値が付くかもしれないが急激に仮想通貨バブルが崩壊するかもしれない。
『UPcoin』とは?仮想通貨が怪しい。怖い。危険性はない?500$プレゼントとか気持ち悪すぎ。
スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です