政府機関閉鎖とは?2018年アメリカの為替と株価の影響で仮想通貨が爆上がり!!

 

今回は、アメリカの政府機関閉鎖について紹介していきます。

アメリカ政府では、危機的な状況になっていて政府機関閉鎖という聞きなれない言葉がヤフーニュースのトップなどに飛び交っています。

 

そんなアメリカ政府機関閉鎖で影響が出ていたのはアメリカの軍事放送『AFN』が停止するなど、異常事態が起きてTwitterトレンドになるほどに。

じゃあ、アメリカ政府機関閉鎖は政府のシステムが全て機能しなくなるのか??など。

 

アメリカ政府機関閉鎖について分からないことを徹底的に調査してみました。

他にも、アメリカ政府機関閉鎖で2018年アメリカの為替と株価の影響は暴落するのか?などについてもまとめてみましたので、参考にしてみてください!!

 

スポンサードリンク


 

政府機関閉鎖とは?

政府機関が閉鎖されることであり、特に議会で予算案(あるいは暫定予算)の成立が難航することで期限切れとなり、政府庁舎が閉鎖されることを指す。

政府閉鎖 – Wikipedia

 

政府機関閉鎖を分かりやすい例を言いますと、『国の予算が軍人の給料が支払いができない。』などがあります。

ですので、政府機関閉鎖が長期化すれば『軍の士気が下がる』恐れも。

 

警察や裁判所などは、通常通り運営することが分かっている。

ですが、2013年の時の政府機関閉鎖では、博物館や国立公園などの観光施設が休止に。

 

政府の職員80万人が休職状態になったそうです。

 

スポンサードリンク


 

 

2018年アメリカの為替と株価の影響は暴落か?

政府機関閉鎖では、アメリカの為替と株価にも影響が出るのは確実でしょう。

1月19日には、政府機関閉鎖でのリスクを回避しようと投資家たちはドルを売りに出しているのが顕著に出ていた。

 

その政府機関閉鎖の影響で、ドルは全面安になっている。

今後も、政府機関閉鎖が続くとドル安は続くだろうと考えられる。

 

その政府機関閉鎖でのドル安の影響で、仮想通貨は急激な伸びを見せている。

ちなみに、仮想通貨のチャートがこちら▼

 

f:id:december1etk:20180121111840p:plain

 

このようにアメリカのドル安は続いているが、投資家達はリスクを回避するために仮想通貨などに投資しているようだ。

 

トランプが理由で、政府機関閉鎖になったのか?

 トランプの独裁的な政治ゲームによって、今回の政府機関閉鎖になったと考えられる。

アメリカ政府は、トランプ政権を止めるための政府機関閉鎖だが、それは世界各国も対策し出してきた。

 

トランプを入国させないなどの入国制限という対応をしている国などもある。

このようなトランプ政権の突っ走るような政策は『政府機関閉鎖を長期化し、国を麻痺させる』ことにもなりうる。

 

 

スポンサードリンク


 

▼zozoスーツ特集!▼

f:id:december1etk:20171228132128j:plain

【▼MUSIC-最新情報-▼】

【▼MUSIC-最新情報-▼】

f:id:december1etk:20180117185004j:plain

スポンサードリンク

【▼UPcoin-仮想通貨-▼】

【▼UPcoin-仮想通貨-▼】

f:id:december1etk:20180108085550p:plain

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です