アマゾンの着なくても試着可能の鏡とは?zozoスーツの対抗か?Amazon VS ZOZOTOWN

 

僕にとって、最高のニュースが入ってきましたよ!

アマゾン(AMAZON)はバーチャルで服を試着することができる鏡に関する特許を取得したというニュースが2018/01/05に公表された。

これは、もしかしたらzozoスーツの対抗か??とワクワクしてしまう。

今後はバーチャルで服を試着するなど、ファッション業界に改革が起ころうとしている。

だけど、「アマゾンが着なくても試着可能の鏡とは?」と疑問に思いますよね。

どういったものなのか?実用性はあるのか??など気になることをまとめてみました。

スポンサードリンク

アマゾンが着なくても試着可能の鏡とは?

まあ、なんとなく「着なくても試着可能」と聞くとイメージが出来ますが。

具体的にアマゾンが出す「着なくても試着可能の鏡」とは一体どういったものなのか?と気になるところ。

そんなアマゾンの「着なくても試着可能の鏡」の説明がニュースサイトに掲載されていた。

鏡の前に立った人物にバーチャルな服を投影し、実際に試着しなくても着用時の見た目を確かめることができるものだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180105-00000043-wwdjapan-life

「鏡の前に立った人物にバーチャルな服を投影」と聞くとZOZOTOWNが出すzozoスーツとは違うような感じですね。

着なくても試着可能の鏡と聞くと『あのドラマ』を思い出す。

f:id:december1etk:20180106104529p:plain

僕だけでしょうか?アマゾンの「着なくても試着可能の鏡」と聞くと、ドラマ「リッチマン、プアウーマン」を思い出してしまう。

そのドラマの中では、アマゾンの「着なくても試着可能の鏡」を再現しているものがありました。

ちなみに、グーグルの画像検索で「リッチマン、プアウーマン  バーチャル」と調べてると「着なくても試着可能の鏡」の画像が出現します。

スポンサードリンク

2014年にはすでに完成していたが、、、。

2014.04.24の記事では、ロシアのモスクワ、アメリカのサンフランシスコでは普及されていて。

日本では、東急プラザ表参道原宿店でアマゾンのような「着なくても試着可能の鏡」があるという。

だが、あまり普及したことが全国に知れ渡っていないし、実用性に欠けていたのかもしれない。

2014年から4年が経過してからの技術発達により、コスト削減が可能になると考えると。

アマゾンは、店舗だけでなく一家に一台のスタンドミラーになるのでは??と考えられる。

Amazon『鏡』 VS ZOZOTOWN『スーツ』

今後、予想されるのはアマゾン『鏡』 VS ZOZOTOWN『スーツ』だと思う。

アマゾンは、『鏡』で着なくても試着可能。対するZOZOTOWNは『スーツ』で着て採寸が可能。

僕の個人的な見解は「ZOZOTOWNの『zozoスーツ』の方が売れる」と思います。

実際に、実用性的に考えたらアマゾンの方が断然にいいです。

ですが、逆に考えると実用性的に着ないといけないzozoスーツは『着ないといけない』を利用し、今話題にTwitter上で若い世代の10代〜20代に話題になっています。

zozoスーツは『着ないといけない』というのがキーポイントになって多くの人に、

近未来感があり、エンターテイメント性がある商品のように思えます。

漫画「GANTZ」に登場するGANTZスーツにも似ていますし、コスプレ目的で着る人もいるでしょう。

【ZOZOSUIT】ゾゾスーツがガンツスーツに似すぎ!コスプレに使用する奴が絶対いる。

zozoスーツは、Amazonの『鏡』より不便さは感じます。

ですが、普及の拡散力を考えると断然「ZOZOTOWN『スーツ』」だと。

スポンサードリンク

▼zozoスーツ特集!▼

f:id:december1etk:20171228132128j:plain

【▼MUSIC-最新情報-▼】

【▼MUSIC-最新情報-▼】

f:id:december1etk:20180117185004j:plain

スポンサードリンク

【▼UPcoin-仮想通貨-▼】

【▼UPcoin-仮想通貨-▼】

f:id:december1etk:20180108085550p:plain

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です